ムダ毛に悩む子供を抱える親御さんへ

ムダ毛対策に悩んでいる小学生や中学生が増えています。
実際のアンケート結果でも、体毛の濃さを気にしている6歳~12歳は全体の20%近くにも上ると言われています。

ちなみに、小学生が気になっているムダ毛は、以下のような部位です。

・口ひげ
・腕のムダ毛
・足のすね毛

また、体毛を気にするようになったきっかけは、

・毛深い事でからからわれた経験がある
・友達や周囲の視線が気になる

それに対してムダ毛の悩みを抱えている子供は、このように対処する傾向があります。

・自己処理をはじめる
・プールを嫌がる
・夏でも長袖/長ズボンを着る
・消極的な性格になる

特に知識の乏しい子供による自己処理は禁物です。
100円ショップでカミソリや毛抜きを購入して、親に内緒で自己処理を始めると、下記のようななな肌トラブルを引き起こす原因となる可能性が大きいです。

・どんどんムダ毛が濃く太くなる
・色素沈着による肌のくすみが始まる
・皮膚の中にムダ毛が埋没する
・カミソリの刃からの菌感染

ですから毛深い子供を持つ親は、真剣に子供の脱毛方法や抑毛方法を考えてあげる事が大事です。
親が積極的に関与してあげてください。

子供の脱毛処理方法

脱毛方法

真っ先に考えてほしいのは、脱毛です。
「子供なのに脱毛?」って思うかもしれませんが、最も確実で安全でもあるのです。

ただ、子供の場合は成長につれて毛根が増えるので、大人と違って永久脱毛は出来ません。
また、医療レーザー脱毛のような高照射レーザーを当てるのも危険だし値段も高いです。

だから、ムダ毛が生えてきたら家庭用脱毛器でその都度処理してあげるのが一番です。

抑毛方法

家庭でできるムダ毛を減らす手段として有効なのは、除毛クリームや抑毛ローションを利用する事です。

肌体質によって抑毛効果に差が出るようですが、使い続けることによって徐々に毛を薄くして、ムダ毛を目立たなくする事が可能です。

ただし、市販の除毛クリームは大人用なので、子供には強すぎます。
子供のデリケートな肌(特に顔)にも使えるような、天然植物成分が主体のクリームを選びましょう。

このページの先頭へ